ソクバク物語

12
11

 上級国民の子、ロミ男は、路地裏を駆け回る下級国民の子たちが羨ましかった。毎日勉強や習い事ばかりの自分より、よほど自由に見えた。
 ある日ロミ男は自分と瓜二つの下級国民ジュリ子に出会った。互いの身分に憧れを抱く二人は、巧みに入れ替わったり、共に社会の不条理に立ち向かったりするうちに、許されぬ恋に落ちた。
「逃げよう」
「ダメよ。国から出れば、腕輪が爆発するわ」
 ジュリ子の腕には、下級国民を縛る腕輪が嵌められている。
「どうして。身分が違うだけで……」
 悔しがる自分とそっくりな恋人を見て、ジュリ子は“そう”すべきだと思った。
「いいわ。腕を切り落としましょう」


「それから、どうなったの?」
 孫が怯えた眼差しで聞く。
「結局、爆発したんじゃ」
「えぇ!なんで!」
「見てたんじゃ。神様が。その日、国中にヒモテ神様の声が響き渡ったそうじゃ」

〝……リア充……即……爆……〟
恋愛
公開:19/04/22 10:11
スクー 束縛クラス替え

10101298

書き手さま読み手さま、私の名前が読めない皆さま、交流大歓迎ですっ。
Twitter: https://twitter.com/1o1o1298

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容