たった5つの

12
10

学校からの帰り道に紙袋を拾った。交番に届けなきゃなんだけど、寄り道したらママに怒られるからなぁ。
いや、これは緊急事態だから仕方ない。
僕は紙袋を交番に届けた。お巡りさんは「届けてくれてありがとう」と僕の頭を撫でた。それから、紙袋の中身を見て爆笑した。中には本が入っていた。タイトルは『たった5つの落とし物をしない方法』。
…ダメだこりゃ。

家に帰ると、ママが怒ってた。
「また寄り道したんでしょ!」
「今日は違うよ」
「『寄り道をしないための5つの約束』は忘れちゃったの?」
「今日は緊急事態だったんだ」
「また言い訳ばっかり」
そこへ、おばあちゃんがやってきた。
「またそんなに怒って」
「だって…」
「言い訳しないの。この前あげた本、『たった5つの冴えた子育て』はちゃんと読んだ?」
「…すいません」
「それはそうと、今日買ってきた本見なかった?本屋を出た時には確かに持ってたはずなんだけど」
その他
公開:19/04/14 00:00
更新:19/04/13 23:51

のりてるぴか( ちばけん )

月の音色リスナーです。
ショートショートって難しい。
最初の頃は400字は短すぎるなんて思ってましたが、色々書くうちに400字に無限の可能性を感じるようになりました。

読んだ人の心が少しでも動いたらいいな。何かを感じてくれたらいいなと思って書いてます。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容