おじさんと桜

8
8

どうも、この季節は好きじゃない。

「いらっしゃい!」
行きつけの居酒屋で、威勢のいい大将の声に迎えられた。

スーツが似合っていない新入社員の団体に、大学生のサークル。席は空いているが、俺の居場所はなさそうだ。

「ごめん、また来るから」
そう言い残して店を出る。

コンビニでチューハイと柿ピーを買う。近くの公園のベンチで、散りかけの桜に向かって乾杯した。

「俺もお前も、ピークは過ぎたかもしれないけど」

桜にしてみれば迷惑な話かもしれない。俺と一緒にされるなんて。

周りが浮かれているこの時期、何も変わらないのは悪いことなのか。
真面目にやってきたつもりだが、今では「ダサい」と言われるんだろうな。

俺は立ち上がって、桜に手を振った。
「また会いに来るよ」

春の夜は意外に冷える。
強い風が吹いて、思わずコートの襟を立てた。

見ると桜も、こちらに手を振っていた。
その他
公開:19/04/11 11:30
更新:19/04/11 11:48
おじさん祭り

ロッサ( 大阪府 )

短い物書き。
皆さんの「面白かったよ!」が何よりも励みになります。誰かの心に届く作品を書いていきたいです。

54字の物語・更新情報はTwitterでチェック! ぜひ遊びに来てください。
https://twitter.com/leyenda_rosa

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容