12. キーキーチェイス

12
12

とある街で、一匹の猿が疾走していた。
「そいつを捕まえてくれ! お話の詰まったバナナを盗られた!」
壬生果実店の主人が叫んでいる。猿が玩具屋に逃げ込み、主人も飛び込む。
「どこに隠れやがった? こいつか!」
シャンシャンシャン。
「そ、それはシンバルを鳴らす猿の玩具です」
玩具屋の主人が突然の騒動に戸惑っている。
「くそっ! あいつか!」
タカタカタカ。
「それはドラムを鳴らす猿の玩具です」
「チッ! そいつは?」
モグモグモグ。
「それはバナナを食べる猿の……」そこまで言いかけた玩具屋の主人が叫ぶ。「玩具なんてありません! そいつですよ!」
「堪忍しろ!」と、主人たちが猿に飛び掛かる。しかし猿が投げたバナナの皮に足を取られた。
きー! と唸る主人たち。キー! と逃げる猿。
きーきー、キーキー。
その日、そんな奇声がカーチェイスの如く響いていた。

ここは壬生モンキーパーク。騒がしい街だ。
その他
公開:19/04/03 23:45
『壬生モンキーパーク』 12曲目 そるとばたあ宿題 アルバム作り(壬生ver.)

壬生乃サル

2019年(8/8~)
・のんびり55本ノック!
6/55 (9月12日現在)
2019年(~8/8)
・500まで(180本)ノック!完走。
2018年(5/13~12/31)
・壬生の(320本)ノック!完走。

壬生乃サル (みぶ の さる)
https://twitter.com/saru_of_32

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容