イエローブラザーズ

6
6

キヨシは悩んでいた。
持ち主のサッチーがキヨシを頻繁によく使うのだ。
隣に一緒にたたまれているドンキが申し訳なさそうに言った。
「先輩すいません。サッチーは黄色が好きでオレと先輩を買い物袋に。しかしオレのペンギンがディスカウント感出しまくりで夜専用になってしまって」
「気にすんな。オレの持ち手もだいぶ伸びてきた。サッチーも気づいてるさ」

「先輩には休みが必要ですよ」
次の日ドンキが新入りのイエローハットをオレに紹介した。
「サッチーはオレとイエローハットが」
「ありがとう」
ドンキの休日サプライズにオレが感動してると、サッチーがオレ達の入ってるポシェットを開けた。
「やだわ〜、リリーこんなところにウンチして」
サッチーの愛犬リリーが粗相をしたのかっ!あっ!イエローハット!
「やめてくれー!」
彼はビニ生を終えた。
オレ達はあれから地獄のイエローブラザーズとビニール袋達に恐れられた。
その他
公開:19/01/07 17:00
更新:19/01/07 17:12
スクー レジ袋の休日

さささ ゆゆ( 神奈川 )

「漢方ショートショート」シリーズを始めました!

漢方に関する本は色々とありますが、「漢方ショートショート」は不思議な話に漢方を織り交ぜて、不思議な話から皆さんの記憶に残る「漢方養生」を伝えていきたいと思います!
楽しく、健康になろう♪がコンセプトです。
よろしくお願いします!

その他のショートショートも、もちろんやってます!
お楽しみ下さい!楽しいも怖いも不思議もごちゃ混ぜは変わらずです!

Twitter:さささ ゆゆ@sa3_yu2





 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容