初夢フィクション

8
11

見ざる、聞かざる、言わざる。目と耳と口が吹っ飛んだ。あとに残されたのは、ざる。
ざるは日に日に弱っていった。
水を入れるも、流れていく。薬を塗っても、効かず。これが言わずと知れた『ざる』なのか。
そんなざるのそばを、イケメンが通った。ざるをひょいと手に取ると「行けっ!」と叫び、湯切りの仕草をした。
ざるの上に麺がのっていた。
「ざる蕎麦?」と呟くと「ノンノン、ザルソブァー」と発音を注意された。
どう見ても単なるざる蕎麦な、ザルソブァーなるものを片手に立ち尽くしていると、サッカーユニフォーム姿の男がやってきた。
「ほぉ。ザルソブァーですね。私、こう見えて点取り屋なのですよ」
そう言い終わる間もなく、ザルソブァーを蹴り上げた。点だけが飛ぶ。あとに残されたのは、サルとソファー。
「ブィクション!」
サルがくしゃみした。濁点が喉に引っ掛かったらしい。
ソファーで寝ていた僕は、ゆっくり目を覚ました。
その他
公開:19/01/07 01:11
更新:19/01/07 01:21
初夢 二度寝したせいで 内容忘れたので 作り話 SSGの皆さま 本年もよろしくお願いします ようやく始動…

壬生乃サル

自由きままに、気の向くままに。
サルも木から落ちる・る・る~。

壬生乃サル(MIBU NO SARU)
Twitter(@saru_of_32)

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容