迷子アナウンスプログラム

14
10

都心のデパートに来た俺は、迷子らしき女の子を見つけた。
名前を聞いても黙ったまま。このままでは疑われてしまう。

「店員さんに任せよう」
そう思って受付に連れて行った。

カウンターには人影がなく、パソコンが置かれていた。
画面には「迷子アナウンスプログラム」とある。
よく分からないが、やってみるか。

「迷子になられたお子さんの性別を入力してください」
女の子。

「髪型と服装は?」
ショートカット、水色のワンピース。

「名前は?」
それが分からないから来たんだろうが! 

質問に答えないと先に進まないのか。
困ったと思ったその時、店員さんが戻ってきた。

「名前、分からないんですよ」
「そうですか。連れてきてくださってありがとうございます」

やっと女の子が口を開いた。
「私、はるか!」

俺は「はるか」と入力した。

どうやら時間切れだったようだ。
「最初からやり直して下さい」
その他
公開:19/01/07 23:33
更新:19/01/07 23:47
スクー 迷子アナウンス「最初からやり直して下さい」

ロッサ( 大阪府 )

短い物書き。
皆さんの「面白かったよ!」が何よりも励みになります。誰かの心に届く作品を書いていきたいです。

54字の物語・更新情報はTwitterでチェック! ぜひ遊びに来てください。
https://twitter.com/leyenda_rosa

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容