大事なもの

3
7

電車を降りるとき。
「あ」
スマホが電車とホームの隙間に落ちていった。
「どうしよう…」
途方に暮れていると、隙間から手が現れた。
『落としましたよ』
その手にはスマホが握られていた。
「あ、ありがとうございます」
『いえいえ、お構い無く』

ーー特急電車の通過待ちです

「何をされてるんですか?」
『つい先日、ここで大事なものを落としまして。ただ、暗いし、小さいから見つからなくて…』
「もし、よかったら私のスマホ、灯りに使いますか?」
『いいんですか? ありがとうございます!』

ーー間もなく発車します

「あ、あのそろそろ、スマホ返して…」
『あ…見つけた! 電車の車輪に挟まってる! だから見つか…』

ーー発車します

電車は走りだした。

線路は真っ赤な血で染まり、男性の右腕らしきものが転がっていた。その手はキラリと光る指輪らしき物を摘まんでいた。




「スマホは…?」
ホラー
公開:18/12/28 20:21
更新:18/12/29 06:01

イチフジ( 地球 )

マイペースに書いてきます。
感想いただけると嬉しいです。

とりあえず、100話と、お気に入りにはいる作品を作ることを目標にする

78 蟹座

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容