あした、ホワイトクリスマスになあれ

4
4

「雨はやだなあ」

二学期の終わりの日、クリスマスイブはもうすぐだと思うと、つい灰色の空を見上げてつぶやいてしまう。

「じゃあ、占ってやるよ」

声をかけられ、そちらを見ると、右足を持ち上げて靴のかかとをはずしている。

「ねえ、靴がどんな向きで落ちたら雪が降ると思う?」

いい笑顔で返事が返ってきた。

「落ちなかったらじゃないか?」

「もう、せっかくなのに!」

思い切りよく蹴り上げられた靴が、空高くに吸い込まれていく…

そして。

「やった雪だ!すごいね、奇跡って本当に起きるものなんだ、さすがクリスマス」

靴めがけて飛び出し、ナイスキャッチ。ちょっと土をかぶっちゃったけれど、言い返して、いい気分。

「ちょっ、普通するか?」

片足で大きく跳ぶたび、重そうなランドセルをはずませて、こっちに迫ってくる。

とっさに靴を持って逃げ出したのは、我ながら良い判断だったと思います。
その他
公開:18/12/24 09:20
メリークリスマス

誰か

心楽しい読書になりますように。

https://twitter.com/N2lQzhfmQ7KOqHd

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容