ケケケの毛太郎

16
11

ケッケッケケケのケ~♪

あ、どうも。毛太郎です。
今宵はケケケと笑える毛にまつわるお話を三つご紹介致します。
それでは、ごゆるりと。



『登山にて』


中学時代からかれこれ四十年ほどの付き合いになる親友と、登山へ出掛けた。
親友が俺の頭越しに何かを見つめている。

「どうした?」
「あれ、禿鷹?」
「ハゲてねぇよ!」



『フサフサ』


ねぇ、フサフサが乗っているよ。
ほら、そこの貴方。頭を見てごらん。
見事に乗っているでしょ? それがフサフサだよ。
フサフサはね、本来フサフサであるべきところがフサフサじゃなかったら乗っちゃうんだ。
大事にしてあげなきゃダメよ。



『火』


火は生きている。
「ボーボーだぜ!」
火は元気いっぱいだ。
「あ、でも……」
火は恥ずかしそうに言った。
「まだアソコの毛、生えてないんだ」



いかがでしたか?
それでは、またお会い致しましょう。
その他
公開:18/12/16 09:30
毛祭り 次回の開催をお楽しみに♪ え?(笑)

壬生乃サル

自由きままに、気の向くままに。
サルも木から落ちる・る・る~。

壬生乃サル(MIBU NO SARU)
Twitter(@saru_of_32)

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容