ITこども風呂

10
14

週末、爺さんはこども風呂へ行くのが一番の楽しみだ。
こども風呂は高齢者専用の大浴場だった。その日も入浴料を払い、服を脱ぎ、扉を開けると、老人とこどもたちで賑わっていた。
「お爺ちゃん!よく来てくれたネ!」
「あっ!お爺ちゃん!待ってたよ」
「今日は僕が背中流すんだからネ」
「だめよ!私の方が上手なんだから、ねっお爺ちゃん」
「まぁまぁ二人とも、順番順番」
子供たちはアンドロイド。この大浴場のスタッフだ。やってきた老人たちのお世話をすることになっている。
爺さんは湯船で、子供たちと話したり笑ったりして、喜んで帰っていった。

子供たちはスタッフルームに帰ると、爺さんからスキャンしたデータを IT装置に転送する。健康状態を表示させるためだ。

「血圧は安定してるわ」
「肝機能が少し心配だ」

爺さんに手紙が届いた。
『お爺ちゃん、お酒は控えめにね』
その優しさに爺さんは心が温まるのだった。
SF
公開:18/12/10 21:39
更新:18/12/11 07:41
スクー IT大浴場 アンドロイド

豊丸晃生( 大阪 )

ショートショートの神様、星 新一を崇拝しています。
お笑い系のショートショートを中心に書いていきたいと思いますので、よろしくです(^^)。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容