ビスケット

10
12

ポケットの中にビスケットが1枚入っていた。私は不意にポケットを叩いた。特に理由があったわけではない。衝動的に、だ。
その時「痛っ!」という声が聞こえた気がして、ポケットの中を覗いた。
ビスケットが2枚になっていた。
割れたわけではない。どう見ても1枚のビスケットが2枚になっていたのだ。
戸惑いながらも、私はもう一度ポケットを叩いてみた。また「痛っ!」という声が聞こえた。それも2つの声が重なったように。
私はそっとポケットの中を覗いた。
ビスケットが4枚になっていた。
これは凄い!
嬉しくなった私はポケットを叩きまくった。ポケットを叩く度に「痛っ!」「痛っ!」の大合唱。
すると突然「ギャッ!」という何重もの叫び声が聞こえた。一瞬にして青ざめた私は、恐る恐るポケットの中を覗いた。
ビスケットが粉々になっていた。それだけならまだしも……。

真っ赤に染まり、ツンとした鉄のような匂いが鼻を刺した。
その他
公開:18/12/09 23:55
更新:18/12/11 16:44

壬生乃サル

自由きままに、気の向くままに。
サルも木から落ちる・る・る~。

壬生乃サル(MIBU NO SARU)
Twitter(@saru_of_32)

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容