あまんじゃくとあまのじゃく

23
2

山から、あまのじゃくが、ついてきちゃった。

花畑に、あまんじゃくとあまのじゃく。

二人もいたら、ややこしい、と思うでしょ?

「そのカゴを持ってきてくれる?」

「まかせた。」
と、あまのじゃく。

「いやだ。」
と、あまんじゃく。

とてとてと、二人がかり運んでくれる。

うん、あってる。

でも、やっぱりちょっとややこしい。

お昼時。

「おにぎり食べない?」
と、あまのじゃく。

「そうだね。」
と、あまんじゃく。

ふたりは、四つの手でおにぎりを支えたところで、ぴたっととまる。

「食べるのどっち?」
「どっちが食べない?」

私は考える…ふりをして。

ぐぅー

お腹がなったのは、あまんじゃく。

「あまのじゃくが食べる。」

あまんじゃくは、嬉しそうに、おにぎりをパクリ。

夕方帰り道で、私は、転んでしまう。

「痛い?」
「大丈夫?」

こんな時には、ちゃんと伝わるね。
ファンタジー
公開:18/12/05 00:13
更新:18/12/05 02:01

誰か

心楽しい読書になりますように。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容