かゆいところがあっても言えない魚拓

8
12

俺は普通の会社勤めの魚拓だ。
今日は先端がほつれてきてしまったため、散髪に来た。
「今日はどうなされますか?」
「シャンプーして、全体的にすいてください」
「はい、かしこまりました」

俺はシャンプーされてふやけた。
うろこのところがちょっとかゆい。
「お客様、かゆいところはございませんか?」
ある。
うろこだ。
うろこがかゆい。
だが、ぬしとまで呼ばれたこの俺が、そんな恥ずかしいことを言えるだろうか。言えまい。

「お客様、サラサラですね」
「ああ、そうか」
上質な紙だからな。サラサラもしている。
だが、うろこがかゆい。
どうにかならないものか。

「ありがとうございました」
言えなかった。
うろこがかゆい。
どうすればいいんだ。

同僚の魚拓に訊いてみた。
「かゆいところあるかって訊かれたら、どうしている?」
「切ってもらうかな」
「お前それ、穴ぼこやんけ」
同僚は腹に穴が開いていた。
ファンタジー
公開:18/11/28 00:21

undoodnu( 日本:東京23区 )

構成の凝った作品が好きです。

電子書籍「その影が追いたい undoodnuショートショート集Vol.1」発売中:
https://www.amazon.co.jp/dp/B07M5QRH1K/

電子書籍「その電脳がハックしたい undoodnuショートショート集Vol.2」発売中:
https://www.amazon.co.jp/dp/B07RB2C424

Twitter:
https://twitter.com/undoodnu

働きたい会社 ショートショートコンテストに入選しました:
http://ur0.link/O4mY

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容