桜を貴女に送ります

11
13

俺は10年ぶりに会った従兄弟のリュウと喫煙所でタバコをふかしてた。
煙突からの煙を眺めながら。
「なんか、死んじゃったなぁ婆さん」
「そうっすねー」
「86ってスゲーな」
「俺は生きてないな、その歳まで」
「俺らは無理だろ。タバコ吸ってるし」
2人でクスッと笑う。リュウは笑うとえくぼが出る。歳は取ったが変わらない。
俺は灰皿にタバコを捨てる。
「しかし、婆さん100は軽く越せると思ったのになあー」
俺は伸びをしながら独り言のように言ってリュウを見た。
リュウは泣いていた。
ああ、ばあちゃん子だったっけ。
俺の目線に気づいて喪服の袖でぞんざいに目を拭い
「そういや、婆さん死ぬなら春がいいなって言ってたな」
と言った。

火葬場の入り口には大きな桜。少し散り始め、風で花びらが舞う。
青い空に煙突の白い煙が上に伸びて、あの白い雲と繋がってるようだ。
今日は小春日和、泣きっ面に春うららである。
その他
公開:18/11/29 23:00
更新:18/12/01 07:25
Twitter ツイートでことわざ 泣きっ面にハルウララ

さささ ゆゆ( 神奈川 )

「漢方ショートショート」シリーズを始めました!

漢方に関する本は色々とありますが、「漢方ショートショート」は不思議な話に漢方を織り交ぜて、不思議な話から皆さんの記憶に残る「漢方養生」を伝えていきたいと思います!
楽しく、健康になろう♪がコンセプトです。
よろしくお願いします!

その他のショートショートも、もちろんやってます!
お楽しみ下さい!楽しいも怖いも不思議もごちゃ混ぜは変わらずです!

Twitter:さささ ゆゆ@sa3_yu2





 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容