ホテル・オチ

8
9

海岸線沿いに静かに佇む一軒のホテル。名前はホテル・オチ。

このホテルでは、10階の客がエレベーターで1階に降りるまでの間、9階の客が用意したストーリーに、極上のオチをつけてくれる。

※※※

「は、はじめまして。フジといいます。親友に彼女を奪われた主人公がどうやって立ち直って、走ることに前向きになるか、オチが決まらず苦しんでるんです」

「だったら、親友を殺しなさい」

「え?」

「親友を殺しその彼女も殺すの。理由はそうね…… 謎の心不全。主人公の部屋には、証拠が何も見つからないけど、一冊のノートが」

「ちょちょちょい!待って! 青春ストーリーの結末に、なんでそんなドロドロした事件が開催するの?あんた、10階の人でしょ。ちゃんと、オチつけてよ」

「私はホラー担当の貞子よ。青春なんてくそ食らえだわ」

ここはホテル・オチ。10階の住人には当り外れがある。
その他
公開:18/11/29 20:13

イチフジ( 地球 )

マイペースに書いてきます。
感想いただけると嬉しいです。

とりあえず、100話と、お気に入りにはいる作品を作ることを目標にする

78 蟹座

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容