190. 息子のひみつ

7
10

息子は中二になった途端反抗期に入ってしまったのか私とは必要最小限の会話しかしなくなった。淋しいな…。そう思いつつこれも親離れの第一歩として大切なことなので私もしつこくは話しかけないようにした。
そんな息子の部屋には掃除機をかけるとき以外はなるべく近づかないようにしていたが、あるときいつものように掃除をしていて机の上を軽く雑巾で拭いていたら机の裏側から何かが飛び出しているのが目に入ったのでしゃがんでそれが何なのか思わず確かめてしまった。
そこにはB5サイズの封筒があり、封筒の片面を机の裏側に貼りつけて中身は自由に出し入れ出来るようにしてあった。
──俺の目標。そう書かれた封筒には同じクラスのある女の子から貰ったメモ書きの手紙が広げられた状態でいくつか入れられており、一番上のものには同じ高校へ行こうね!と書かれていた。
これが母離れのきっかけなのね~と思わず破顔し、私はそれをそっと元に戻した。
青春
公開:19/02/19 23:14
更新:19/02/21 02:04

ことのは もも( 日本 )

日本語が好き♡
18歳の頃から時々文章を書いています。
最近書いたものと昔書いたものをランダムにアップしています。
どれかひとつでも誰かの心に届きます様に☆
感想はいつでもお待ちしています!
宜しくお願い致します☆

2018年5月から書き始めて、2019年3月の時点で200作になりました。
これからもゆっくりですが、コツコツ書いていこうと思います(*^^*)
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容