ゴールドラッシュ

0
4

「ブラザー、この山脈に入って3日経つけど本当に大丈夫なのか?」
「まかせろブラザー、俺は金脈の匂いを嗅ぎつける男だ。丁度この辺からプンプンするぜ、そら!うおお水が吹き出しやがった!」
「おい、こりゃ水脈だぜ!」
「まあ、こんなこともあるぜ!だがこりゃ近くに川があるかもだぜ!砂金にありつけるかもよ。あれ、なんだあいつら、さっき掘った穴から出てきたぞ」
「ありゃきっと、人脈を掘り当てたんだ。知ってる顔もいるぜ、手伝ってもらおう…なんだ?ミミズの化物みたいのも出てきたぞ!」
「まかせろ!ツルハシでぶち切ってやる。どうだ!凄え血だ」
「違う、ミミズじゃねえ!それは"脈”だ。あいつらの生命線だ」
「ということは、どうなる?死ぬのか。いや、白けた顔して穴に戻ってくぞ」
「人としてのやる気を無くすだけだ。それこそ目の前に金脈でもあれば別だが俺達じゃあな。そういうことさ」
「なるほど、すぐ切れたわけだ」
その他
公開:19/02/18 02:21
更新:19/03/12 08:14

くろせさんきち( 埼玉 )

•好きな作家
江戸川乱歩 恒川光太郎 星新一

•好きな映画
銀河鉄道の夜(85年) ジョーズ(75年)
押絵と旅する男(94年)

•好きなTVアニメ
未来少年コナン 電脳コイル
リトルウィッチアカデミア

※以前投稿した「熊手殺人事件」は既出だった、あおいさん作「つめが甘い!」によく似ていたため削除しました。本来ならわかった時点で対応すべきだったと思いますが、遅くなって申し訳ありませんでした。

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容