終の棲家

13
9

雪山に棲む鳥達は今宵も寒さに震えていた。朝昼は何とか凌げるが、夜ともなると吐く息も凍る。
とまり木で身を寄せ合い、ただ耐えるしかない。

一羽の鳥が云った。

──なぁ。明日、日が昇ったら巣を作らないか?
──そうだな。巣を作れば寒さを凌げる。
──よし、朝になったら早速とりかかろう!

そうして互いに慰め合い、朝を迎えた。

──今日は妙に暖かいな。
──そうだな。春が来るんだ。
──春が来て、暖かくなるのなら巣は要らないな。

再び夜になり、やはり寒さが身に染みる。
こんな夜を幾度も幾度も繰り返し、一羽、また一羽と凍え死んで逝った。
今際の際、彼らは思った。

──噫。鳥になんて生まれなければ良かった。

願いが叶ったのか、雪山の鳥達は人間に生まれ変わり、今日もぬくぬくした部屋で寛いでいる。

そして云った。

──噫。懐が寒い。
──明日こそ働き口を探そう。
──鳥は自由でいいなぁ。
ファンタジー
公開:19/02/16 01:54
更新:19/02/16 01:57

椿あやか( 猫町。 )

【椿あやか】(旧PN:AYAKA) 
◆Twitter:@ayaka_nyaa5

◆第18回坊っちゃん文学賞大賞受賞
◆紙媒体で単著が出せるよう、精進中です。
◆お問合せなど御座いましたらTwitterのDM、メールまでお願い申し上げます。

◆【他サイト】
【note】400字以上の作品や日常報告など
https://note.com/nekometubaki
【NOVEL DAYS】
https://novel.daysneo.com/author/Tsubaki_Ayaka/



 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容