僕の本命

12
9

「はい、これ! いつもありがとう」
僕の机の上には義理チョコの山ができた。

今日は2月14日、バレンタインデー。
モテモテでもないが、誰にも相手にされないわけでもない。
「フツー」の僕は、毎年こんな感じの一日を送っている。

悪い気持ちはしない。
「可愛い」と思っているコからだったりすると、けっこう嬉しい。
でも、欲しいのはこれじゃないんだ。

終業のチャイムが鳴って帰ろうとすると、誰かに呼び止められた。
「遅くなってごめんなさい」

総務部の新人さんだ。
顔は知っているけれど、話をしたことはほとんどない。

「これ、どうぞ」
彼女は真っ赤な包装紙の箱を机に置いた。かなり大きい。
ちょっとドキドキしてくる。

「ごめんなさい。ここで開けますね」
おいしそうなチョコレートケーキが出てきた。

ケーキの上に書かれた文字を見て、僕は小さくガッツポーズをした。

「お誕生日おめでとう!」
恋愛
公開:19/02/13 22:05
更新:19/02/13 22:34
バレンタインデー

ロッサ( 大阪府 )

短い物書き。
皆さんの「面白かったよ!」が何よりも励みになります。誰かの心に届く作品を書いていきたいです。

54字の物語・更新情報はTwitterでチェック! ぜひ遊びに来てください。
https://twitter.com/leyenda_rosa

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容