禁忌

0
3

幾つか重なった過ちを禁忌と呼ぶのなら、これは正しく禁断の恋なのでしょう。

色を塗り替えた髪に貴方が口付けをひとつ落として、まるで愛しいものでも見るかのような熱い瞳で私を見つめる。

そんな目をされたら、勘違いをしてしまうのに。

必至に堰き止めていた想いが溢れて、どうしようもなくなるのに。
恋愛
公開:19/02/12 08:12

きざはし(@kuruizaki63)と同一人物。
140字小説を書きます。

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容