3
6

眠りから覚めたゴジラは驚いた、見知らぬ天井、天井?目の前のこのひょろひょろしたのは俺の手か?とりあえずベットから出よう、ベット?鏡に映る姿に青ざめる、俺様の爪は牙は背びれは何処だ?真っ白で弱々しいこいつは誰だ!あぁ!尻尾が!尻尾が無い!

「としあき~、早く起きなさい!学校におくれるわよ」母さんが呼んでいる、母さん?
尻尾が無いとどうにもバランスがとりづらいな、なぜこんなペラペラの布を身体に巻き付けなければならないんだ。急いで学校に向かわないと、学校?

「オイ、としあき何処行くんだよ!」今日もアイツラに捕まった、「今日は2千円で勘弁してやるよ」身体を小突かれた、痛くも痒くも無いな、僕はゴジラだ。
少し深く息を吸って強めに吐き出してみる、おっ、少し青く光ったぞ。「無視してんじゃねえぞぉ」今度は強めに殴られた、そんな事して良いのかな? 僕はゴジラだぞ。
SF
公開:19/02/09 10:18
更新:19/02/11 11:36

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容