拾ったカレー

2
6

捨てカレーを拾った。
まるで捨て猫みたいにダンボールに入って路地に置いてあったのだ。
憂いた顔でこっちを見るのでつい運んできてしまった。
新しいご飯に替えて汚れを拭いて、布団をかけてあげた。
心なしか喜んでいるように見える。
俺もそのまま寝ることにした。
くんくんくん・・・。
朝起きたらカレーの良い匂いがする。
台所で知らない美人がカレーを作ってくれていた。
あまりにも美人なので食事の誘いに断れず、ムシャムシャとカレーを食べた。
今まで食べたことがない美味さだ。
完食すると、謎の美人は満足気な顔をしてスーッと消えてしまった。
ふと昨日拾ったカレーの様子を見に行くと、そこには空のカレー皿だけが残っていた。
ファンタジー
公開:19/02/08 00:30
更新:19/02/08 00:31

林 孝光( 東京 )

1日1作、昼の12時頃に投稿しています。

普段は四コマ漫画を描いたり、イラストを描いて遊んでいます。

趣味はジャズピアノです。

ショートショートは中学生の時に筒井康隆先生に出会って衝撃を受けて、星新一先生、藤子F不二雄先生と手を伸ばして読み漁り自分なりに執筆をしていました。

よろしくお願いします❣️

ショートショートの漫画も執筆しています。

漫画ブログ

http://takahaya4.hatenablog.com

 Instagram

https://www.instagram.com/haya4taka32

 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容