憧れの列車

1
3

その列車は鉄オタの憧れだ。
不定期に行われる抽選に参加するだけで10万円。当たるのは1名のみ。
だが、その抽選会には多くの人が参加する。
僕も無意味と知りながらも抽選が行われる度に参加している。

ある日、僕の元に当選通知が届いた。
やった!これで子供の頃からの夢が叶うぞ!

その日がやってきた。僕はオペレーターの指示に従い運転席へと乗り込む。

「銀河!発進!」

僕の掛け声とともに列車は走り出し、変形合体を始めた。

今、僕の目の前には地球を侵略しにやってきたエイリアンが立ちふさがっている。
僕の操作するロボは改札剣を手にエイリアンと戦い、見事勝利を収めた!
ああ…この快感、一度でも知ってしまえばもう止められない!

この列車がどれだけ危険か僕は分かっている。最悪、命を落とす危険があることも。
しかし男に生まれたからには合体ロボのパイロットには1度はなりたいんだ!
今日の僕は主人公だ。
公開:19/02/06 18:15

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容