おせっかいな北風 ~前~

10
10

颯太のバカ。玲奈ちゃんからチョコ貰って、あんなに嬉しそうに。鼻血止まらなくなっちゃえ。もう絶対チョコあげない。別に毎年恒例だっただけだし。家が隣だからって調子に乗るなバカ。結局学校が終わっても渡せなかった。チョコなんか川に捨てちゃえ。
「バカ颯太!」
袋を放り投げると、びゅううと北風が吹いた。すると川に落ちそうになった袋がふわりと宙に浮いて、空を飛んでいた小さな侍がキャッチした。
「拙者、北風と申す。何があったか拙者でよければ話してみい」
私は侍に颯太の事を話した。
「ならば家に行って直接渡せばよかろう」
「あなた、女の子の気持ちがちっともわかってないのね。学校で渡すのと家まで行って渡すのじゃ全然違うの。あなたが代わりに渡してきてよ」
「承知した。拙者に任せておけ」
袋を持った侍がびゅううと風に乗って消えた。

ホント、わかってない。
そこは「勇気を出して直接渡せ」って背中を押す所でしょ!
ファンタジー
公開:19/02/04 23:14
更新:19/02/05 15:48

のりてるぴか( ちばけん )

月の音色リスナーです。
ショートショートって難しい。
最初の頃は400字は短すぎるなんて思ってましたが、色々書くうちに400字に無限の可能性を感じるようになりました。

読んだ人の心が少しでも動いたらいいな。何かを感じてくれたらいいなと思って書いてます。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容