ド田舎のオトコ

6
7

都内の某クラブ。
時代遅れ感が甚だしいヒップホッパーみたいな男の子が、いかにも現代っ子という感じの女の子を口説いていた。
「ねぇねぇ、このあと食事でもどう?」
「いや、もう食事なんてすましてるし。だからここに来てるんだけど?」
「あ、そうか。じゃあ、このあと、オシャレなバーにでも……」
「オシャレなバー? えー、マジで言ってんの? ウケるんだけどー。てゆーか、その格好でオシャレなバー?」
「あー。も、もちろんスーツに着替えるよ」
「え? スーツ持ち歩いてんの?」
「うん。あのリュックの中に……」
「リュック? あんた色んな意味で面白いね」
「そ、そう?」
「ヤダ、こいつ照れちゃってるしー。別に褒めてないんだけどー。マジ、ウケるー。だいたい、あんたの顔……」
「顔?」
「なんか芋みたい」
「そんな……」大爆笑している女の子を尻目に、何故か男は赤面していた。
「僕の顔『何回も見たい』だなんて」
その他
公開:19/02/01 23:50

壬生乃サル

自由きままに、気の向くままに。
サルも木から落ちる・る・る~。

壬生乃サル(MIBU NO SARU)
Twitter(@saru_of_32)

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容