殺人コロッケ

9
8

遂に開発に成功した
これは食べたら死ぬコロッケ
唾液に触れると1000倍に増殖する特殊な芋を使っている

ある日、事件が起きた
店長が殺人コロッケを出してしまったのだ
食べるなと思い見守っていたが、ミックスフライを注文してコロッケを残す奴などいない
客が頬張った瞬間、芋が巨大化した
断末魔の声と膨らむ具
高速で咀嚼し飲み込めば助かるが、そんな神業を瞬時に繰り出せるわけがない
床は一面、血つき芋で埋まった
営業は停止
店長の驚きはやがて怒りに変わった

「何をした!」
「な、何も」
白を切るしかなかった
「何か仕込んだろ」
「いや」
「こんな良いものがあるなら先に言え、この客は食い逃げ常習犯なんだ」
「え」
俺は安心し事の顛末を喋った
すると彼の怒りは頂点に達した

「バカヤロウ!せっかくコロッケって名前なんだから、殺すの『殺』で殺ッケの方が良いだろうが!」

俺は自分のセンスの無さを恥じた
ホラー
公開:19/02/01 18:17

西木( Tokyo/Tokushima )

ここで全てを生み出しています。
最近のSSGのレベルの高さに驚愕しております。

https://twitter.com/fabian_westwood

https://note.com/fabian

https://www.youtube.com/channel/UCR60O2XovgWxDHFpvuwsADQ/videos?view_as=subscriber
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容