181. 北風チョコレート

7
10

「はい、これ!!」
友美がチョコをくれた。
「それね~チョコの香りのするバスソルトだから」
『えっ、食べられないのかよ』
そう返事しつつも内心は嬉しくてたまらなかった。
その夜、風呂に浸かりながら早速バスソルトを溶かした。
『楽しみだなぁ~♪アイツもなかなかオツなことするな~』
……が、40度のお湯なのに溶けねぇ!
はじめはまだ包みが全部外せてないのかと凝視したがどう見てもそうではない。
『くっそ~投げつけて割ってやろうか!友美~これ何なんだよ』そう口にした途端バスソルトはみるみる溶け始めた。
『ん?どういうことだ?』
ゴミ箱に捨てた北風チョコレートソルトのパッケージを拾ってよく読んでみると、なるべく冷たい言葉を投げ掛けて下さいと書かれている。
『くっそ!!なんだこれ、あいつ明日はタダじゃおかねぇぞ♡』

俺の暴言で溶け始めたそれはみるみる俺を包み込み、尖ったハートも見事に溶かし始めた。
恋愛
公開:19/01/30 08:00
更新:19/01/30 12:59
友美もチョコソルトもきっとツンデレ

ことのは もも( 日本 )

日本語が好き♡
18歳の頃から時々文章を書いています。
最近書いたものと昔書いたものをランダムにアップしています。
どれかひとつでも誰かの心に届きます様に☆
感想はいつでもお待ちしています!
宜しくお願い致します☆

2018年5月から書き始めて、2019年3月の時点で200作になりました。
これからもゆっくりですが、コツコツ書いていこうと思います(*^^*)
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容