男の正体

6
8

男が私の方に向かって歩いてくる。歩きスマホをしているのでこちらに全く気づいていないようだ。
「危ない!」ぶつかりそうになって、思わず肘を掴むと機械の腕が落ちた。

「ごめんなさい、人前であんなことをしてしまって」
私は駅前の喫茶店へ誘った。

彼は教師として高校に派遣されたアンドロイドだった。
教師の労働時間の長さが問題になっている。心の病で休職する者も多い。そこで実験的に導入されたのだという。

「仕事は楽しい?」
「勉強につまずいている生徒が、先生のおかげで分かったと言ってくれる。嬉しいですよ」

なかなか良い先生じゃないか。
ちょっと優等生すぎるな。ふと意地悪な質問をしてみたくなった。

「生徒の中で、気になる子はいますか?」
「……はい」

「彼女は今大学受験の真っ只中です。志望校に合格するまではそっと見守るつもりです」

彼は顔を赤らめた。
「卒業式には、絶対気持ちを伝えます!」
その他
公開:19/01/27 23:25
更新:19/01/28 23:22
54字の物語「男の正体」リライト スピンオフ

ロッサ( 大阪府 )

短い物書き。
皆さんの「面白かったよ!」が何よりも励みになります。誰かの心に届く作品を書いていきたいです。

54字の物語・更新情報はTwitterでチェック! ぜひ遊びに来てください。
https://twitter.com/leyenda_rosa

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容