引用文献桜並木

12
14

 わたしは押し花作家をしています。ただ他所様の押し花とは少し違って、集めた花をお気に入りの小説に挟んだら、そのページの文字をほのかに花びらに写すのです。

 今日は桜の花で作った押し花を、大きなキャンバスに並べて桜並木を描いています。タイトルは『引用文献桜並木』。桜の花を満開に並べると、桜の木一本一本に、ぼんやりと小説の一節が浮かび上がります。

《さくらは、この世のものとは思えない美しさと妖しさをもって、男の姿をさらりと》
 この木に浮かんだのは、田丸雅智先生の『さくら隠し』ですね。

《この村の空はこれから未来永劫、桜色であり、常春の村として桜が咲き続けるのだ》
 これは洛田二十日先生の、『円い春』の一節です。

《但し偽客(さくら)スタッフ派遣代として、上記正に領収》
 あ、これ先月の個展で失くしてたやつ
その他
公開:19/01/27 19:32
スクー 引用文献桜並木 引用文献: 田丸雅智 『ショートショート千夜一夜』 洛田二十日『ずっと喪』

10101298

書き手さま読み手さま、私の名前が読めない皆さま、交流大歓迎ですっ。
Twitter: https://twitter.com/1o1o1298

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容