ブルースvsウイルス

6
9

「ツイてねぇ、このクリスマスにウイルスと戦うことになるとはな」
ミクロ警察のブルース刑事は、ノロウイルス反応を検知した男の体内に潜入し、拡散するまでに消滅させなければならなかった。
「今日決着をつけてやる。おっさんと合宿なんてごめんだからな」
ブルースは体内に突入した。
「ノロってやつはどいつだ!相棒マグナムが黙っちゃいねぇぜ」
ブルースの背後に不気味な男が立っていた。
「今すぐ黙らせてやる」
「ほぅ、ついにお出ましかノロさんよ」
「ノロツヨシだ」
「ノロツヨシ?のろまのノロか」
「バカにしたな!喰らえ!」
ウイルスを吐きちらすノロツヨシ!
躱すブルース!
マグナムの銃声!
「な、なんだこの虫は?」
ブルースは、ウイルスを食べる細胞マクロファージを銃から浴びせたのだ。
「畜生!ノロってやる〜ぅ!」
ノロツヨシは捕食され、ウイルスは消滅した。
「じゃあ元気でな、おっさん。メリークリスマス」
SF
公開:19/01/23 12:30
更新:19/01/23 16:52
スクー 合宿も視野に入れたノロウイルス

豊丸晃生( 大阪 )

ショートショートの神様、星 新一を崇拝しています。
お笑い系のショートショートを中心に書いていきたいと思いますので、よろしくです(^^)。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容