十二支の幹事確認/午

4
6

 おばあちゃんは介護施設で耳にした噂を頼りに、近所の山で小さな源泉の滝と小川を見つけた。週末アウトドアで心の洗濯を欠かさぬことが、おばあちゃんの元気の秘訣だった。
 お手製ミノーで釣りをしてみるが、何も掛からない。
 ううんと唸って川底を覗くと、どんぶらこっこ、大きな桃が浮かび上がった。うっとりするような桃の甘い香りが、ほのかに漂った。
 いいやまさか、とは思うが、万が一にも赤ん坊が出ないとも限らない。
「えい、やあ!」
 おばあちゃんが桃に向かって玉網を突き出すと、
〝ヒヒヒィィィィイン!〟
 ざぶんと一頭の馬が姿を現した。源泉の滝は美しい馬のたてがみで、小川は尻尾の毛、桃は馬のお尻であった。驚いたおばあちゃんは悲鳴を上げて、すたこら逃げてしまった。
「ふふ、犬猿鳥の迎えはお前に頼もうかな?」
 魔女が馬のお尻を撫でてやると、馬は淡い桃色のミストに姿を変えて、魔女を優しく包み込んだ。
ファンタジー
公開:19/01/19 22:39
十二支の幹事確認 連作

10101298

書き手さま読み手さま、私の名前が読めない皆さま、交流大歓迎ですっ。
Twitter: https://twitter.com/1o1o1298

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容