スクープを狙った男

6
6

「最近、いいスクープ撮れてないだろう?」
立ち飲みでやけ酒をあおっていると、知らない男に話しかけられた。

「なんで俺が週刊誌の記者だと分かった」
「まあな」

男はバッグから小さな瓶を取り出した。
「身体が小さくなる薬だ」

「そんなの信じられるか!」
「相手に気づかれずに写真が撮れるんだ。欲しいだろう?」

今、噂になっているMとTの交際現場が撮れれば......。そう思って薬を買った。

Mのマンションへやって来た。顔馴染みの記者達が愚痴っている。
「ガードが固いんだよな〜」

瓶を取り出し、一気に飲む。アリ並みに小さくなった俺はオートロックをすり抜けて、部屋のドアの下をくぐる。後は帰ってくるのを待つだけだ。

ドアが開いた。Mの横にはTの姿があった。
やった! これは大きな記事になるぞ。

そう思った時、頭の上に黒い影が現れた。

「グチャッ」
革靴が俺を踏みつぶした。
その他
公開:19/01/17 16:19
更新:19/01/17 16:35

ロッサ( 大阪府 )

短い物書き。
皆さんの「面白かったよ!」が何よりも励みになります。誰かの心に届く作品を書いていきたいです。

54字の物語・更新情報はTwitterでチェック! ぜひ遊びに来てください。
https://twitter.com/leyenda_rosa

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容