6
8

陸上でインターハイに出場してからというもの、ファンと名乗る人たちが増え練習が終わり校門をくぐるのを何人かが待ち受けるようになった。
今日も後輩や同級生に紛れて、他校の生徒やその保護者、ネットで調べてやってきたおじさんおばさん等がいる。

ファンの存在は有り難い。
益々頑張ろうという力を与えてくれる。

その一人一人と丁寧に握手をし、時にはサインや写真撮影にも応じる。
ただし絶対に後をつけないでとお願いしているので、別れを告げるとそれ以上追いかけてくるファンはいない。

今日も彼女との待ち合わせは数100メートル先にあるコンビニだ。
僕はコンビニに到着すると真っ先に手を洗う。
もし石鹸がなくても15秒以上洗うと、雑菌は大抵落ちるとTVで知ってからは必ず数を数える。

手洗いを終えると本を読みながら待ってる彼女とやっと目を交わす。
彼女も直ぐに手を洗いに向かい、僕たちは純粋な手と手を繋ぎあう。
青春
公開:19/01/17 08:00
更新:19/01/19 02:05

ことのは もも( 日本 )

日本語が好き♡
18歳の頃から時々文章を書いています。
最近書いたものと昔書いたものをランダムにアップしています。
どれかひとつでも誰かの心に届きます様に☆
感想はいつでもお待ちしています!
宜しくお願い致します☆

2018年5月から書き始めて、2019年3月の時点で200作になりました。
これからもゆっくりですが、コツコツ書いていこうと思います(*^^*)
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容