174. 傘オバケ

8
8

小雨が降りだした夕方、ベランダの扉を
コンコン
 コンコンッ
と叩く音がする。まさか不審者……!?
ビクビクしながらそっとレースのカーテンを開けた。

正面に人の姿は無かったが、視線を少し落とすと傘の形をした一本足の妖怪が立っていた。
それはネットで見たことのある姿ソックリで一つ目だったが、私は不思議と怖いとは思わなかったので扉を開けた。

「どうしたの?なぁに?」
傘オバケはベランダにあるパラソルハンガーを大きなベロで巻き上げこちらに差し出している。
「ありがとう。でもこれは使えないの」
私はそれを受け取り広げて見せた。
「アッアー‼」
傘オバケは驚いて少し後退りし修理に出さないのかと言ってるようだ。
「これは傘じゃなくて洗った着物を干すものなのよ」
「アーーーー!!」

ようやく納得したのか、ピョンッと飛び跳ねペコリとこちらへ頭を下げ、そのままピョンピョンと恥ずかしそうに跳ねて行った。
ファンタジー
公開:19/01/18 23:00
更新:19/01/18 23:06

ことのは もも( 日本 )

日本語が好き♡
18歳の頃から時々文章を書いています。
最近書いたものと昔書いたものをランダムにアップしています。
どれかひとつでも誰かの心に届きます様に☆
感想はいつでもお待ちしています!
宜しくお願い致します☆

2018年5月から書き始めて、2019年3月の時点で200作になりました。
これからもゆっくりですが、コツコツ書いていこうと思います(*^^*)
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容