43. 結言(ゆいごん)

6
10

男は自分の寿命がもうじき終わることを知っている。もちろん子も妻も。

「お父さん、最後に何をしたい。何か食べたい?」

「もう疲れたよ。何も望みはないよ。お前たちも疲れたろう・・。」

「いちご買ってきたよ。赤くて丸くて甘いよ。」

「ありがとう。」子に対し、男は最後の一言をか細い声で放つ。


「お父さんが死んだら、書斎の緑いや間違えた、紫色の金庫の中に入っているものの続きを書いてくれ・・・。」


男は静かに眠るように、満足顔で息を引き取った。顔は真っ青になった。

子は急いで、自宅へ戻り書斎の金庫を開ける。鍵が横に置いてある。その藍色の鍵を使って慌てて開ける。

金庫を開け、中をよく見ると薄黄色地にオレンジの罫線紙が。突然、虹色の光が飛び出してきた。

「なんで、紙1枚?」

金庫の中には、400字詰め原稿用紙1枚が入っていた。

タイトルだけ書かれて_____ タイトル「ピエロ」
ファンタジー
公開:19/01/14 12:03
更新:19/01/14 20:38
父と子の結び 結びの物語は44番「ピエロ」へ 七色の配色

ゆっち( 北海道 )

星新一さんを尊敬しています。ショートショートが大好きな気持ちは永遠です。
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容