リバーシブル・プラネット

4
6

目を覚まし、星の光を浴びる。
隣では妻と息子が眠ろうとしていた。
スーツに着替える間、テレビでは海外での重大な事件を伝えていた。

出社すると同僚が新聞を片手に何やら騒いでた。
アシレマにある洞窟で、世界の裏側へ続く穴が発見されたらしい。しかも、生物が文明を築いているとのこと。
そう、彼は大のオカルト好きなのだ。この前は南極で異世界へのゲートが見つかったと騒いでいた。
だが、そう何カ所も変な場所への入口があってはたまったものではないし、だいたい、この世界の外側に文明があるなんて大昔から否定されてきたトンデモ説ではないか。

休憩に入り、食堂でニュースを見る。
なんと、アシレマにある洞窟が世界の裏側と繋がっていたのは本当らしい。
金色の防護服を着た探検隊が、銀色に輝く探査船の前で写真を見せながら、誇らしげにインタビューを受けていた。

ここは地球、ナパジェ。空には一つの巨大な星が輝いている。
SF
公開:19/01/15 17:03
更新:19/03/01 13:23

TAMAUSA825( 東京と神奈川 )

アイアムジャストアサラリーマン

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容