1
5

美佳の首元の薔薇の烙印をなぐさめるように、男は愛撫した。
ふと首筋を撫で、手で深い傷を隠した。

「どうしたの?」
「うんん。何でもない」

男は、美佳の手を払いのけて、薔薇の烙印をじっと見つめる。

「どうしたの?それ?」
「若気の至りかな」
「そう。薔薇は花言葉で愛情や愛していますという意味だけど、一本だけだと夢中という意味なんだ。知ってた?」
「そうなの。初めて知った」

男はにやけ、美佳に愛情をせがむように手を伸ばした。

「今、私は何に夢中になっているのかな?」
「きかれても答えられないよ。自分で見つければ?」
「自分で?」
「そう。美佳は綺麗な薔薇なんだから」

男は、美佳の髪をくしゃくしゃにし、己の欲求を満たし始めた。

男の言う綺麗な薔薇とは、己の意志を持たない人形であろう。
その他
公開:19/01/11 22:34

神代博志( 大日本帝国 )

20XX年。
新たな、法律が制定される。
”国民は、国民同士を助け合い、泣いている人間がいるのなら、そっと手を差し伸べる”

何かを犠牲にしてまで叶えるのではなく、大きな犠牲を最小限にさせ、実現させるのである。

解決できない問題は、簡単にわけて、社交性、金銭面、コネクション程度である。
たとえば、プロの歌手よりも、歌のうまい人は何億といる。
でも、どうして、プロの歌手として活躍しているのか?それを簡単に紐解くと上記に当てはまる。

環境のせいで、根っこが腐りましたという人間ほど、優しさを求めている。
環境の変化に耐えられない人間ほど、自己主張が強くなる。

最近お気に入りの言葉。
戦争中でも蟬は鳴く。(世界の片隅で)




 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容