靴紐の呪い

8
7

やっぱり罠だったんだ。ウラにもらった靴紐に目を落とす。35キロ過ぎ。足が急に重くなる。こんなこと一度もなかったのに。

ライバルは友達じゃないぞ。コーチの言葉が頭をよぎる。ウラの国では、困ればすべてが呪術頼みらしい。そんな噂もチームメイトからよく聞かされた。

疑いたくない。でも、実際に足が上がらないのだ。先頭のウラが遠のき、意識まで朦朧とし始める。これも呪い?暗くなる視界の先に、見たこともない村の景色が広がった。

靴紐を枝にぶら下げて村人たちが歌っている。中心にいるウラに、隣の子供が尋ねる。

「こんなので効くの?」
「うん。最後には切れるから」
「靴紐が?」
「馬鹿ね。切れるのは、しがらみ」

プチん、と音がして意識が戻ると、私はウラに追いついている。軽くなった足元を確認すると、隣のシューズにも同じ靴紐。私たちは目を合わせ、同時にスパートをかけた。
その他
公開:19/01/11 22:22
更新:19/01/11 22:31

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容