2
5

誠は、ソファーの上で横になりながら、本を読んでいた。

読書は、現代では、陳套な趣向と非難されがちであるが、誠はそうは思わなかった。

読書は、ITやテクノロジーの同じジャンルである。常に新しく進化をしており、時代の最先端をゆく。

誠は時折、睡魔におそわれながら、欠伸をし、ゆっくりと本を読み進めていた。

文字を読んでいると、急にバラバラと文字が瓦解し、頁の端から端まで文字が散らばっていった。

目で文字を追うと、脱兎の如く駆け出す。
まるで、真実が逃げていくかのように・・・
その他
公開:19/01/11 22:15

神代博志( 大日本帝国 )

20XX年。
新たな、法律が制定される。
”国民は、国民同士を助け合い、泣いている人間がいるのなら、そっと手を差し伸べる”

何かを犠牲にしてまで叶えるのではなく、大きな犠牲を最小限にさせ、実現させるのである。

解決できない問題は、簡単にわけて、社交性、金銭面、コネクション程度である。
たとえば、プロの歌手よりも、歌のうまい人は何億といる。
でも、どうして、プロの歌手として活躍しているのか?それを簡単に紐解くと上記に当てはまる。

環境のせいで、根っこが腐りましたという人間ほど、優しさを求めている。
環境の変化に耐えられない人間ほど、自己主張が強くなる。

最近お気に入りの言葉。
戦争中でも蟬は鳴く。(世界の片隅で)




 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容