否定家

6
10

俺は文学批評家をしている
批評家というよりは批判家で、もっというと否定家だ
尖った意見で、あらゆる穴を見つけてほじくり回す
初めは嫌いな作品があり批判しただけだった
それがウケたので批判しまくった
周りもそれを求めた
キャラがついた

今では面白いと思う作品でも批判している
スタッフのためだと思っていたけど、気がついたら生活レベルを落とさない手段となっていた
そのキャラは本当の俺を超えた
「否定しろ」という脅迫観念が俺を支配する
ファンもアンチも多い
詳しくいうと、薄いファンと濃いアンチが多い
特に実害を被った作家には果てしなく恨まれている
このままでいいとは思っていない
誰かを否定する声はもうあげたくない
最後くらいは肯定したい

「ええで」
そんな事を言ったのは久しぶりだった
俺の首を握っていた作家は叫び、手を離した
俺の肉体は岩にぶつかり海に消えた
ほんの少しだけ自分を好きになれた
ミステリー・推理
公開:19/01/12 23:09
更新:19/01/12 23:50

西木( Tokyo/Tokushima )

ここで全てを生み出しています。
最近のSSGのレベルの高さに驚愕しております。

https://twitter.com/fabian_westwood

https://note.com/fabian

https://www.youtube.com/channel/UCR60O2XovgWxDHFpvuwsADQ/videos?view_as=subscriber
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容