頭のネジ

14
14

となりの席で突っ伏してる同僚の頭を見ると、ネジが一本緩んでいた。仕事に支障がでるといけないと思い、きつく締めておいた。そういえば、最近、書類に誤記が多かった。

俺は仕事をしつつ、同僚たちのネジの緩みを注意して見るようにした。

ある日、駅のホームで電車を待っていると、
カラン...
と、乾いた音が響いた。
音の方を見ると、ネジが線路に転がり落ちていった。到着した電車に乗り、頭を擦ってみると、ネジ穴が一つ開いていた。

その後は、小さなミスで上司から怒られる機会が増え、その度同僚にフォローさせてしまった。
上司にお茶をこぼしたら一緒に拭いてくれたり、上司の足をうっかり踏んだら、もう片方を踏んでくれた。

同僚はしっかりしろよ、と怒りつつも、大きな口で笑っていた。俺は申し訳なさ半分で、笑い返してやった。

やがて、代わりのネジが届いた。俺はいつもより、ほんの少し、ネジを締める力を弱めた。
ファンタジー
公開:18/10/12 12:36
更新:18/10/12 15:07

イチフジ( 地球 )

マイペースに書いてきます。
感想いただけると嬉しいです。

とりあえず、100話と、お気に入りにはいる作品を作ることを目標にする

87 パイセン

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容