束の間の仲良し

8
9

ボクはフク君の体操着。昨日フク君は運動会だった。全力でがんばった代わりにボクはドロドロになった。今朝、お母さんが洗濯してくれた。
物干し竿に干されて良い気分のボク。そのとき、何かがボクに当たった。なんだろう?見てみると桜の木から落ちてきた枯葉だった。枯葉は地面に落ちないように必死にボクにしがみついている。

「どうしたの?」
「地面に落ちると人間に踏まれて粉々になるから」
「そっか。なら、がんばってボクに掴まってるといいよ」
「(^^♪ありがとう」

「キミはどうして干されてるの?」
「ボクのご主人様が昨日運動会だったんだ」
「ふーん、運動会か。キミは活躍したの?」
「うん、大活躍だよ」
「へえ、見てみたかったな」

ぴゅーーー。
突風だ。ボクが激しく揺れる。
「あっ」
枯葉は掴まっていられなくなって、飛んで行ってしまった。

道路に落ちてしまっただろうか。どうか人間に踏まれませんように。
ファンタジー
公開:18/10/12 07:57

いづみ( 東京 )

文章を書くのが大好きです。
いつかちゃんと書きたいと思っているネタが3本ありますが、いまだ手付かずのまま。
まずはショートショートで修行します。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容