宇宙人も同じ

3
7

日本に未確認飛行物体が着陸した。中から出てきたのは地球外生命体。そいつは三三七拍子のリズムで喋り始めた。

パピプ ペポパ ピプペポパピプ
ペポパ ピプペ ポパピプペポパ
ピプペ ポパピ プペポパピプペ
ポパピ プペポ パピプペポパピ
プペポ パピプ ぺポパピプペポ

「何と言っているのだ?」
「パピプペポ?」
「応援、ですかね?」
「宇宙にも応援という概念があるのか?」
「応援と思わせて、地球を乗っ取る気では?」

そこに新たな未確認飛行物体がやって来た。中からまたしても地球外生命体。今度のやつは流暢に喋り始めた。

うちの息子がどうもすみません。
「おや、日本語うまいですね」
はい、親日家なもので。
「ほう。で、息子さんは何と?」
学校休む! と。
「短っ! もっと喋ってましたよね?」
グダグダ喋ってますが、要約するとそれだけの事なのです。
「あぁ、要するに……」

仮病の言い訳、か。
SF
公開:18/10/11 23:53
仮病三三七拍子 スクー おまけ③ 比較的早い段階で書いてたやつ

壬生乃サル

壬生乃サル(みぶ・の・さる、みぶの・さる)でございます。

ダジャレ好き。「わけわからん」「なにこれ?」「しょーもな!」それが壬生ワールド。ちょっとした息抜きにどうぞ!

壬生の(320本)ノック!
200/320 (10/13時点)

10月強化(迷走)月間!
またしてもコメ返信滞っております……近々!
読む方も滞っております……近々!

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容