吾輩の仕事

0
7

吾輩は猫である。今は人に飼われているが昔は野良であった。
怪我をして動けないところを今の飼い主に救われたのだ。
この飼い主はいい奴だ。貧乏で己が食うにも困るのに吾輩を養おうと必死なのだ。
吾輩、これでも義理堅い性格である。一宿一飯の恩は返す。
それにこの飼い主、人が良すぎて心配なのだ。吾輩が守ってやらねば…
吾輩、最近では自分の食い扶持は自分で稼ぐことにした。
この家には鼠等の害虫がたまに出てくる。それを餌にすることにした。
飼い主は吾輩が鼠を食らっているところを見ては顔を引きつらせてる。こんなにウマいのに何がダメなのだ?
今日も飼い主は腹をグーと鳴かす。
仕方ない…そんな飼い主に吾輩、蜥蜴を持ってきてやった。
それを見て飼い主はまた顔を引きつらせた。こんなにウマいのに何がダメなのだ?
まったく…好き嫌いが多くて困る。
だが最近、その表情が吾輩の好物になってきた。
明日は何を持って行こう?
公開:18/10/07 18:57

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容