階段の国

12
13

階段の国と呼ばれる国があった。
そんなバカな、と思い訪れてみた。確かに階段だらけであった。
とにかく四方八方、あちらこちら階段だらけ。一体この地形はどうなっているのだ、と言わざるを得ない。
こんなに階段だらけだったら、小さな子供やお年寄りは大変なのではないか。そう思い、様子を窺っていた。
いやぁ、驚いた。
なんと、この国の人々は小さな子供からお年寄りまで誰もが階段を駆け上がったり、駆け下りたりしているではないか。
なんという強靭な脚力なのだ。
若者にいたっては、男女問わずアスリートのような脚をしている。スポーツをやれば、もの凄い結果が出そうだ。
ただ残念な事に、階段だらけな地形のせいか、スポーツはほとんど行われていないようだ。これは本当に勿体ない話である。

余談ではあるが、この国の人々に「怪談好きだったりします?」と尋ねてみた。
「えぇ、階段に関する怪談であれば大好きですね!」
との事。
ファンタジー
公開:18/10/04 23:59
更新:18/10/05 00:13
国シリーズ

壬生乃サル

自由きままに、気の向くままに。
サルも木から落ちる・る・る~。

壬生乃サル(MIBU NO SARU)
Twitter(@saru_of_32)

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容