ホワイトVR

17
13

政府が試験的に導入した「ホワイトVR」なるものの被験者に選ばれた。
額の中央に、小さな種のような機器を取り付けるだけでOK。でも、超絶ブラックなうちの会社が、こんな物でどうにかなるのかしら?
あたしは半信半疑のまま会社に向かった。

「お早うござ⋯⋯」
「お早うKくん!」
快闊に返事をする課長の姿は、明らかに猫だった。
それどころか、全ての社員が、猫、猫、猫、完全に猫!
だけど、猫という以外にさほどの違いはないようだ。いつも通り残業はひどいし、パワハラ、セクハラもひどい。
だがしかし、
「Kくん、これを今日中に頼むぞ!」
ドサッ。
「え、課長。こんな量、今日中には⋯⋯」
みー。
「わ、分かりましたぁ」
または、
「Kくん、今日もいいお尻だねぇ」
ペロン。
「ひゃっ!」
みー。
か、可愛いから許そう⋯⋯。

あたしの猫好きを利用したVR効果のおかげで、今日も仕事が楽しくて仕方ないのであーる。
SF
公開:18/10/04 16:13
更新:18/10/05 07:40
働きたい会社 VR=バーチャル・リアリティ

渋谷獏( 東京にいるけっどカンサイジ〜ン♪ )

(獏・ω・) 渋谷獏(しぶたに・ばく)と申します。
土器っ土器っ〜♪ 獏ぅ獏ぅ〜♪
https://twitter.com/ShaTapirus
https://www.instagram.com/tapirus_sha/
http://tapirus-sha.com/

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容