小さなアリのお話

6
11

小さなアリは冒険に出た。
お尻がキュートなあの子に恋をしたから。
毎日毎日、胸が苦しくて、女王から今はひっそりと魔女になったアリに相談したの。
そしたら、小さな匙と小さなアリには少しばかり大きい袋をくれ、素敵な魔法を教えてくれた。
「魔法に欠かせない魔法の粉は、人間という恐ろしい動物の側にしか置いてない。場所の目印は香ばしい心地良い匂い。それを目指して歩くと熱い黒い海にたどり着く。その側に必ず目的の魔法の粉『白い砂』が置いてある。小さな匙でいっぱい袋に詰めなさい」

それでね、小さなアリは慎重に行動をして、冒険は無事成功したの。
太陽の輝く日、あの子の頭上に立ち、魔法の粉を撒いた。
キラキラと輝きながら、あの子に優しく降っていったの。
これが魔女の言ってた「ダイアモンドダスト」という魔法なのか!
あの子はうっとりしながら、ダイアモンドダストを舐めた。
そして空にいた小さなアリに恋をしたの。
ファンタジー
公開:18/09/28 03:53
更新:18/10/11 06:07
スクー スプーンで掘る ダイアモンドダスト

さささ ゆゆ( 神奈川 )

「漢方ショートショート」シリーズを始めました!

漢方に関する本は色々とありますが、「漢方ショートショート」は不思議な話に漢方を織り交ぜて、不思議な話から皆さんの記憶に残る「漢方養生」を伝えていきたいと思います!
楽しく、健康になろう♪がコンセプトです。
よろしくお願いします!

その他のショートショートも、もちろんやってます!
お楽しみ下さい!楽しいも怖いも不思議もごちゃ混ぜは変わらずです!

Twitter:さささ ゆゆ@sa3_yu2





 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容