時を操るリモコン

17
15

朝、僕は重い足どりで出社した。
昨日は長々と上司に説教されたなぁ。
思い出すだけで嫌になる。

気を取り直して自分の机を見た。
妙なものが置いてある。
「リモコン?」

裏には「時を操るリモコン」とあった。
「ふざけてる」
さっさと机の片隅に追いやった。

昼休みを過ぎた頃、昨日の上司に呼び出された。
「またか」
ふとリモコンのことを思い出し、早送りボタンを押してみる。

説教はあっという間に終わった。
どうやら早送りされたらしい。
「これは使える」
そっとカバンにしまった。

週末、待ちに待った彼女とのデート。
待ち合わせ場所で彼女が手を振っている。
迷わずスローボタンを押す。

「あれ?」
スローどころか、景色が倍速で流れていく。
早送りが押しっぱなしになっているようだ。

「そうだ! 巻き戻しすればいいのか」
そう思ってリモコンを見た。

巻き戻しボタンは見当たらなかった。
SF
公開:18/09/27 16:00
更新:18/09/27 16:07

ロッサ( 大阪府 )

短い物書き。
皆さんの「面白かったよ!」が何よりも励みになります。誰かの心に届く作品を書いていきたいです。

54字の物語・更新情報はTwitterでチェック! ぜひ遊びに来てください。
https://twitter.com/leyenda_rosa

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容