怪物の夢

14
15

わたしが三歳の頃、ベッドの下から現れる恐ろしい怪物に夜ごと襲われた。
何故かドアの外へ出る事はできず、大声を上げても両親が起きてくる事はなかった。だけど怪物が襲いかかろうとする度に、いつもわたしを助けてくれる女の人がいた。
髪の長い綺麗な女性⋯⋯。

そして二十歳になったわたしは、夜ごと怪物から小さな女の子を守る夢を見た。子どもの頃にわたしを助けてくれた女の人は自分自身だったのだ。
小さなわたしが眠りに就くと、ベッドの下からあの恐ろしい牙を持った怪物が現れる。小さな女の子はいつものように、開かぬドアの前で泣き叫んでいた。
わたしは銀の剣を手に、怪物の前に立ちふさがった⋯⋯。
だが、ドアの前にいる小さなわたしとは別に、ベッドの上で怪物に頭から喰われ始めている女の子の姿が見えた。慌てて振り向くと、もう一疋の怪物がにやりと笑った。
ああ⋯⋯。
わたしは自分の体が夜の闇に消えて行くのを感じた──。
ホラー
公開:18/09/13 20:57
更新:18/09/17 15:44
ドクロむうさまの指令 ガチホラー④

渋谷獏( 東京にいるけっどカンサイジ〜ン♪ )

(獏・ω・) 渋谷獏(しぶたに・ばく)と申します。
土器っ土器っ〜♪ 獏ぅ獏ぅ〜♪
https://twitter.com/ShaTapirus
https://www.instagram.com/tapirus_sha/
http://tapirus-sha.com/

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容